Nintexの導入でダウンタイムを「ほとんどない」ほどに減少させたMAN Diesel & Turbo

Nintexにより以前のワークフローシステムよりもシステムの信頼性と生産性を向上

ドイツに拠点を置く大型ディーゼルエンジンとターボマシンのサプライヤーであるMAN Diesel & Turboでは、非常に複雑なハードウェア集約型のソリューションを使用していました。修理やメンテナンスに費用がかかり、英国チームからの助けも必要でした。

現在のシステムは単一障害点で構築されているため、システムがダウンすると、生産性に関する問題がすぐに広がってしまいます。「フェイルオーバーになったときの対策は、基本的にありませんでした」とシステムコンサルタントのFernando dos Santos Nunes氏は語ります。「システムに問題が発生したときに、いつでも起動して稼働した状態にしておけるものが、まったくなかったのです」。しかもワークフローが複雑に設計されていたため、多くのMAN Diesel & Turboのユーザーは怖気づいてしまい、全社的な導入や効率性に影響を及ぼしていました。

MAN Diesel & Turboは、あまり複雑ではないワークフロー・ソリューションを導入して、SharePointテクノロジーへの投資を最大限に活用し、オーバーヘッドを減少させ、生産性を向上させるとともに、最適なビジネスプロセス自動化を実現する必要がありました。そこで、IT パートナーであるデンマークのInnofactorと協力しながら、Nintex Workflowベースのソリューションを導入することを決定しました。

ニンテックスで、MAN Dieselは、以前のワークフローシステムよりも、システムにおける信頼性と生産性を向上することができました
PDFをダウンロード
Man Diesel Turbo オペレーションで使用した製品
ドイツのアウグスブルクに本拠を構えるMAN Diesel & Turboは、大型ディーゼルエンジンとターボマシンの最大手サプライヤーです。世界100カ所以上で15,000人以上の従業員が勤務しています。

ビジネスの状況

MAN Diesel & Turboのワークフロー・ソリューションは不具合が発生しやすく、修理をするにも、遠方にいるチームに助けてもらう必要がありました。 そのため同社は、あまり複雑ではないオーバーヘッドの削減に役立つ新しいワークフロー・ソリューションを必要としていました。

導入されたソリューション

Nintex Workflowは、SharePointと統合されてMAN Diesel & Turboのビジネスプロセスの効率化に役立っています。またNintex Workflowによってワークフローの作成と実行が単純化されたことで、ライセンシングにかかる費用も削減されました。

ワークフローの効率性の高さが導入を後押し

MAN Diesel & Turboは、Nintex Workflowを導入してビジネスプロセスの効率を高めました。承認、検証、文書化がNintex Workflowによって自動化されたことで、時間が短縮され、品質も大いに向上しました。

Nintexのマルチポイントのフェイルオーバーにより、システムの信頼性は劇的に向上しました。「以前のシステムは単一障害点のものだったため、システムが停止すると、通常、従業員の生産性まで停止していました」とdos Santos Nunes氏は述べています。「Nintexのソリューションのおかげで、より安定性の高いプラットフォームが構築され、ダウンタイムは、ほとんどないくらいに減少しました」。

得られた利益

コストを15%削減できました
費用を15%削減
ビジネスにおける生産性を55%増加させることができました
事業生産性を55%向上
カスタマーサービスを30%向上させることができました
カスタマーサービスを30%改善
ニンテックス ワークフローには、履歴の追跡、変更に適応する柔軟性、認証の向上等、ビジネス上のメリットが多くがあります。

Nintex Workflowには、ビジネス面で多くのメリットがありました。たとえば、履歴の追跡や、変更への適応に対する柔軟性、より良い認証方法などです」

Fernando dos Santos Nunes氏MAN Diesel & Turbo、システムコンサルタント