安全に関する事故報告システムによるコンプライアンスのサポート

状況

ある大手航空会社は、進行の遅い非効率的な紙ベースの事故報告システムに依存しており、情報の完全性が危うい状態になっていました。

課題

客室乗務員は乗客の事故について、機内では紙で書類を作成しています。そして着陸してから、電子システムにその内容を入力します。また機長も同様のプロセスを踏んでいます。つまり、フライトの概要を紙の書類に記入し、着陸後速やかにシステムに入力するのです。書式が複雑であること、また情報が遅れて入ってくることで、ミスが発生する可能性が高くなり、データの完全性も損なわれています。

航空会社の運営チームは、紙を使わずにモバイル機器でも利用できる使いやすいシステムを構築して、必要な安全規準をすべて満たす必要がありました。

導入されたソリューション

自動化された安全に関する事故の管理ワークフローを開発するため、運営チームはNintexのパートナーに相談しました。デスクトップPCでもモバイル機器でもシステムを使用できるようにするため、Nintex WorkflowNintex FormsNintex Mobileが導入されることになりました。

  • 客室乗務員は、事故に関する情報の記憶が鮮明な間に、その場で情報を直接タブレットに入力します。
  • Nintex Formsにより、ユーザーには透明性の高い効率的なデータ入力プロセスが示されます。状況に合わせて、特定の状況に関連するフィールドのみを表示させることが可能です。
  • WiFiを利用できる場合には、タブレットは自動的にSharePointとの同期を行ないます。
  • コンプライアンスが容易になり、正確な報告ができるようになるとともに、客室乗務員は、より多くの時間を自分の業務に費やせ、データの入力や再入力も減少します。

得られた利益

何百万もの人々を世界中に運ぶ航空会社にとって、安全に関する事故の書類を素早く簡単に記入できることは、極めて重要です。そのため、この航空会社は、紙ベースによる旧式のプロセスに替わって、正確性が向上し大幅に時間が節約できたことを、大歓迎しています。またワークフローの合理化は、次のような成果にもつながりました。

  • 非常に使いやすく、客室乗務員は1回のセッションだけでデータ入力を正確にできるようになりました。
  • エラーが減り、データの品質が向上しました。
  • 安全に関する事故のフォームの記入には30分しかかかりません。
  • Nintex Formsにより、データ入力が合理化され、正確性が向上しコンプライアンスが改善されました。
  • データの質が向上したことで、今後の安全に関する事故の発生件数が減少します。
  • 運営チームがより正確でタイムリーな情報を活用することで、乗務員にとっても乗客にとっても、より安全なフライトを今後も続けていくことができます。

フリートライアル 

Nintexのプラットフォームを試すことで、時間と費用が節約できることが、すぐにわかります。今すぐ、ワークフローを 作成してみてください。

デモの予約

ワークフローが簡単に 作成できることを、Nintexのデモストレーションで知ってください。

お問い合わせ

プロセス自動化の準備、出来ていますか?Nintexで、速い、測定可能なROIを実現してください。